プラスチック材料を使った機械設計実務入門

セミナープログラム

①プラスチックを使ったものづくりの概要
1-1 プラスチックのメリット/デメリット
1-2 金属材料との違い
1-3 プラスチック関連知識
  1-3-1 材料
  1-3-2 成形・金型
  1-3-3 二次加工
  1-3-4 製品設計

②プラスチック材料の基礎知識
2-1 プラスチックの構造と分類
2-2 熱硬化性プラスチック
2-3 熱可塑性プラスチック
  2-3-1 結晶性プラスチック/非晶性プラスチック
  2-3-2 汎用プラスチック
  2-3-3 エンジニアリングプラスチック
2-4 リサイクル材料
2-5 その他の知っておきたいプラスチック
2-6 配合剤(添加剤)

③物性表から読み取るプラスチックの基本特性と設計のポイント
3-1 物性表
3-2 物理特性と設計のポイント
  3-2-1 MFR/MVRと分子量
  3-2-2 成形収縮率
  3-2-3 密度/比重
  3-2-4 吸水率
3-3 機械特性と設計のポイント
  3-3-1 引張特性
  3-3-2 曲げ特性
  3-3-3 圧縮特性
  3-3-4 衝撃特性
3-4 熱特性と設計のポイント
  3-4-1 ガラス転移温度/融点
  3-4-2 荷重たわみ温度
  3-4-3 線膨張係数
  3-4-4 熱伝導率
  3-4-5 難燃性(燃焼性)
3-5 電気特性
3-6 光学特性

④トラブルを防ぐ!プラスチックの応用特性と設計のポイント
4-1 温度特性
4-2 粘弾性特性と設計のポイント
  4-2-1 クリープ
  4-2-2 応力緩和
4-3 劣化と設計のポイント
  4-3-1 熱劣化
  4-3-2 加水分解
  4-3-3 紫外線劣化
  4-3-4 劣化の寿命予測
4-4 耐薬品性と設計のポイント

投稿日:

Copyright© 田口技術士事務所 , 2022 All Rights Reserved.