【東京開催セミナー】設計トラブルの未然防止・再発防止の仕組みづくりの実践と設計品質向上への活かし方(2019年7月30日)

設計トラブルの未然防止・再発防止の仕組みづくりの実践と

設計品質向上への活かし方
   

   日時 2019年7月30日(火) 10:30~17:30
   会場 東京・日本テクノセンター研修室
   主催 日本テクノセンター


 

日本テクノセンター様主催のセミナーに登壇します。

 

申し込み(日本テクノセンター様ホームページ)

 

<概要>
各種専門書において、設計品質を向上させるための設計手法が数多く紹介されています。しかし、実務で使おうとすると、うまく効果が上げられないということが多いのではないでしょうか。設計手法は設計プロセスの一部に過ぎず、それだけで設計品質が劇的に向上することはありません。設計品質を向上させるためには、そのベースとなる考え方を理解することが重要です。その基本となるのが再発防止と未然防止への取り組みです。
 本セミナーでは、実際に設計トラブル防止のための仕組みづくりに奔走してきた講師が、設計プロセス全体を見据えた上で、再発防止と未然防止の仕組みづくりの進め方について分かりやすく解説します。

 

 

セミナープログラム

❶設計品質を向上させるための考え方


     1-1 品質とはなにか?
     1-2 設計に起因するトラブル事例
     1-3 再発防止と未然防止の関係
     1-4 なぜ未然防止が必要なのか
     1-5 設計品質を向上させるための4つのポイント
             1-5-1 企業文化
             1-5-2 人材(設計者/チェッカー/レビュア/承認者/仕組み構築者)

             1-5-3 設計資産(ナレッジ)
             1-5-3 設計プロセス

❷再発防止


     2-1 再発防止の考え方
     2-2 失敗(設計トラブル)のとらえ方
     2-3 直接原因の究明と対策
     2-4 根本原因の究明と対策
     2-5 設計ルール作成のポイント
     2-6 使えるチェックリストと使えないチェックリスト
     2-7 設計者のエラーをいかに防ぐか

未然防止


     3-1 未然防止の考え方
     3-2 設計資産×人材×設計レビューで問題を発見する
     3-3 設計レビューの進め方
     3-4 リスクアセスメント
             3-4-1 リスクの考え方
             3-4-2 優先順位と妥当性の判断
     3-5 未然防止手法の代表格:FMEA/FTA
     3-6 未然防止の仕組みを設計プロセスに組み込む

 活動の効果をさらに高める取り組み


     4-1 リスクを低減させるためのポイント
             4-1-1 製品の使われ方の明確化
             4-1-2 フェールセーフとフールプルーフ
     4-2 設計者の品質に関する感度を上げる方法
     4-3 設計効率向上のための取り組み
     4-4 設計資産の蓄積に対する意識変革
     4-5 近い将来の設計トラブル防止対策(設計資産が設計力を左右する)

 

投稿日:

Copyright© 田口技術士事務所 , 2019 All Rights Reserved.